タグ:Guitar ( 28 ) タグの人気記事
My Effectors (For Sale)

2013.2.11追記
ほとんど全ての機材を売却しました。
なので、すでに過去の所有機材ということになります。


ずいぶん前に当ブログでギターコレクションの紹介をしましたが、その第二段です。
今回はエフェクター編。

今まで使ってきたエフェクター達ですが、思うところあって全て処分します。
もし「欲しい」という方がいらっしゃったらご相談に応じますので、
鍵コメかTwitter(@heita_524)のDMでご連絡下さい。

では、はじまり~

まずは歪み系。
【KLON CENTAUR】※売却済み
e0163565_1736957.jpg
ブティック系オーバードライブの最高峰のひとつ、ケンタウルスです。
ヒューマンギアの正規輸入品でシリアルナンバーS3100番台、絵なしのゴールドモデル。
フルに歪ませても下品にならないいい音です。
どちらかというとブースター的な使い方が多かったかな。


【BOSS Blues Driver BD-2】※売却済み
e0163565_17403849.jpg
BOSSの歪み系はいろいろ試しましたが、残ったのはこれでした。
Fenderのストラトにこいつだけ繋いでスタジオのJC-120で鳴らしても
結構"それっぽい"音になるのがお気に入りw



続いて空間系。
【BOSS Chorus Ensemble CE-1】※売却済み
e0163565_1745414.jpg
記念すべきBOSSエフェクターの元祖、CE-1。
コーラス効果はちょっとキツすぎる感じがしないでもないけど、
これに繋ぐだけでギターの音が太くなるという。
単に音を太くするためだけにエフェクターボードに鎮座してました。
デカい、重い、手入れしないとガリが出るの三重苦でしたけどw


【Maxon Stereo Chorus CS-550】※売却済み
e0163565_17473684.jpg
Char師匠監修のアナログコーラスCS-550。
コーラス効果はCE-1よりこちらのほうが好みだけど、
エフェクターボードに載せるスペースがなく...^^;


【MXR Carbon Copy Analog Delay M-169】※売却済み
e0163565_17543445.jpg
最近ではディレイはデジタルのほうが使いやすいかも知れませんが、
オジさんはアナログのどことなくウェットなディレイ音が好きなわけですw


【BOSS SUPER Octave OC-3】※売却済み
e0163565_1823929.jpg
これはなんで買ったのか憶えてないという...w
いや、師匠のエフェクターボードにこれの前モデルOC-2が載ってたからなんですけどねw
結局、飛び道具なのであまり使わなかったなぁ。



プリアンプ/ブースター系。
【Matchless Hot Box(初期型)】※売却済み
e0163565_1865364.jpg
はい、Matchlessです。
これを繋げばどんなアンプもたちどころにMatchlessになるという魔法の箱。
スタジオにアンプ担いでいけないので、よく持って行きました。
でも、重いから結局はお蔵入りに^^;


【ROOT20 After Burner 01(True Bypass Version)】※売却済み
e0163565_18142947.jpg
クリーンブースターですね。
某M社のテープエコーのプリアンプ部分を再現したというブースターです。
エフェクターの最終段に接続するだけで、音が厚く分離感が良くなります。
これはかなり重宝してました。



ワウ
【MORLEY BAD HORSIE VAI-1】※売却済み
e0163565_18372419.jpg
STEVE VAI監修のワウです。
スイッチレス機能で足を乗せるだけでいいので楽ですw
でも場所取るんだよな~^^;



コンプ系
【Keeley Compressor(2ノブ)】※売却済み
e0163565_18424271.jpg
コンプは基本的に使わないのですが、何故か買ってしまったという...^^;
結構いい値段するんですよね...



その他
【iSP Technologies DECIMATOR G STRING Noise Reduction】※売却済み
e0163565_18455088.jpg
一時使っていたスタジオでもの凄くノイズが気になったために購入。
でもスタジオ替えたら直りましたwww
ノイズリダクションの中ではかなり優秀な部類だと思います。
とても自然にノイズを消してくれるし、歪みとクリーンで自動的にかかり具合も変えてくれます。
ただ接続がものすごくややこしい...。


【KORG pitchblack Pedal Tuner】※売却済み
e0163565_18522515.jpg
チューナーです。
これは足元に置いても見やすいし、重宝してました。
最近のマルチなら大体チューナー付いてるので、
単体の物を使うならポリチューナーがいいなぁ...。


【Cranetortoise A/B BOX SEL-2 TYPEII】※売却済み
e0163565_18561740.jpg
何か必要性があったから買ったと思うんですが...^^;
いつの間にか使わなくなってたw


【Noah'sark AC/DC-1】※売却済み
e0163565_18594869.jpg
単なる電源です^^;



アコギ用
【BOSS Acoustic Instrument Processor AD-3】※売却済み
e0163565_192210.jpg
アコギ用エフェクター、AD-3。
コーラス/リバーブ、アンチ・フィードバック、アンプシミュレーターが1台になってます。
かなり重宝しました。


【BOSS Equalizer GE-7】※売却済み
e0163565_196360.jpg
Ovation 1984-5がメインだった頃に使ってました。
最近のアコギはプリアンプ部にグライコが搭載されているものが多いので
出番がなくなっちゃいました。


【ART Tube MP Studio V3】※売却済み
e0163565_1994433.jpg
エレアコをラインに直接入れる為に買ったような...。
1~2回しか使ってないような気がします。




で、これらを売って残すものは...。
【BOSS Guitar Multiple Effects ME-20】
e0163565_19135387.jpg
旧世代のマルチです。
でもね、結構いい音出るんですよ。
特にイコライザーを上手く使ってやればハイエンドマルチにも負けないくらいの音が出ます。
操作もシンプルだし、何より小さくて軽い。
ギグバッグのポケットにスッポリ入るからどこにでも持っていける。
スタジオでメンバーを待たせずにすぐに音が出せる。
もう自分にはこれで充分、って感じです^^
これだけは当分手放さないと思います。

 
 
 
[PR]
by ysk524 | 2012-07-26 19:30 | 楽器
SG Special 1974
封印するのは惜しいので再掲^^;
e0163565_1912129.jpg

 
 
[PR]
by ysk524 | 2012-06-25 19:30 | ポートレート
MATCHLESS
e0163565_1494459.jpg
e0163565_1452468.jpg

これも持て余してるので手放さないとなぁ...。

 
 
[PR]
by ysk524 | 2012-06-24 19:30 | 楽器
My Guitars (一部 For Sale...)
2013.2.11追記
大半の機材を売却しました。
なので、過去に所有していた機材がかなり含まれています。


所有のギター達。
弾かないものも増えてきたので、そろそろ整理しないといけないな~。
と思って全部引っ張り出してきたら、15本になっていた。
ずっと11本だと思ってたのに、いつの間に増えたんだろう^^;
というわけで備忘録も兼ねて一挙公開w

【Taylor T5 STANDARD (2005)】※売却済み
アコースティック・ギターで有名なTaylorのエレクトリック・ギター、T5。
このギターの最大の特徴は、ボディトップの振動を拾うDYNAMIC BODY SENSORと独自に開発された2基のマグネティックハムバッカーを搭載することで、アコースティックなサウンドとエレクトリックサウンドの両方が出せる点。
バンドでエレキとアコの2本を持ち替える手間を省くために購入。
ボディはスプルース、ネックはアメリカンマホ、指板はエボニー。
弦はエレキとアコの両方のサウンドに対応するためミディアム・ゲージ指定。
e0163565_15263134.jpg


【Gibson Custom Shop ES-339 (2008)】※売却済み
これは以前にこのブログで紹介してますね。
ES-335のダウンサイジング版とも言える、セミ・アコースティックギター。
ボディはメイプル、ネックはマホガニー、指板はローズウッド。
ネックは、Thin Neck仕様。
メンフィスのカスタムショップ製です。
e0163565_1541817.jpg


【Gibson Les Paul Special (1999)】※売却済み
これも上のES-339と同じく、記事にしていますね。
ボディとネックはマホガニー、指板はエボニー。
ピックアップはP-90。
このギターはあまり思い入れがないなぁ...^^;
e0163565_15502649.jpg


【Fender Mexico 72 Telecaster Custom (1999)】※売却済み
一時ジャキジャキなカッティングにハマっていた時に買った気がする。
ボディはアルダー、ネックと指板はメイプル。
実はメイプル指板のギターが苦手で、唯一コイツだけ。
Fendarのハムもなかなかいい味です。
e0163565_162567.jpg


【Ibanez 540R (1990)】※売却済み
これはなんで買ったのか覚えていないw
所有のエレキの中では一番古くから持ってるギター。
今になってはちょっと持つのが恥ずかしいな...。
でも、めちゃくちゃ弾きやすくて音も悪くない。
ボディはバスウッド、ネックはメイプル、指板はローズウッド。
世界のフジゲン製なので、作りもかなり良いです。
e0163565_16121844.jpg


【FERNANDES ZO-3 (1990)】※売却済み
アンプ内蔵トラベルギターの定番。
まあ、宴会用ですねw
キャンプとかにも結構持って行ったなぁ。
スペックは調べたけど見つけられなかった(誰かご存知ですか?)
ショートスケールなのでかなり弾きやすいけど、これに慣れると不都合がねぇ...。
ピックアップをディマジオのスーパーディストーションにリプレースしてます、確か...。
e0163565_1627179.jpg


【TAKAMINE TDP500 TX-1 (2006)】※売却済み
タカミネのエレアコ、500シリーズの、たしか50本限定モデル TX-1。
最大の特徴は、アンダーサドルのピエゾピックアップとTRI-AXピックアップのMIXサウンド。
プリアンプには電池駆動のチューブプリCTP-1を搭載してます。
生音もミドルとローのバランスが結構良いんですよね。
ボディトップはシダー、バックとサイドはマホガニー、ネックはマホガニー、指板はローズウッド。
トップがシダーなので、どちらかというとフィンガーピッキング向き。
e0163565_1642422.jpg


【YAMAHA サイレントギター SLG100S BL (2006)】※売却済み
これはもう完全に夜間練習用ですね。
アコースティックライブの練習のために買ったけど、本番でも良く使ったな。
結構エフェクター乗りが良くって、コーラスかけると気持ちいいです。
本体はメイプル、ネックはマホガニー、指板はローズウッド。
最近はエレキを持つことが増えたのであまり出番がない...。
e0163565_16553232.jpg


【KUROSAWA Gigpacker GPF-I (1990's)】 ※売却済み
黒澤楽器オリジナルのトラベルギターです。
これもキャンプなんかに持って行ったな~。
トップはスプルース、サイドとバックはマホガニーのオール単板で、このサイズにしては良く鳴ります。
e0163565_1734669.jpg



と、ここまでのギターは手放そうと思っています。
もし「欲しい」という奇特な方がいらっしゃったら、ブログの鍵付きコメントかTwitterのDMでご連絡下されば幸いです^^;


ここからはまだ持っておこうと思っているギター達。

【Fender USA CustomShop 1960 Stratocaster N.O.S (2003)】※売却してしまいました〜
これは以前紹介してます。
あのお方と同じカラー、ほぼ同じスペック。
持ってるだけで嬉しいストラトw
徐々に良く鳴るようになってきました。
弾いていて気持ちイイ!
e0163565_17113073.jpg


【FUJIGEN EXPERT OS (2009)】
これも記事にしています。
セミオーダーシステムで作ってもらった自分仕様のギター。
ダフネブルーのカスタムショップストラトとは全く違うキャラクターですが、歌モノのバックでカッティングなんかだとかなり良い感じのサウンドです。
e0163565_17143186.jpg


【Gibson SG Special (1974)】
これも紹介済みですね。
ユーズドをあの方の仕様に似せてカスタマイズしてもらったSGです。
これ弾いてる時が一番幸せw
今一番のお気に入り。
e0163565_17175993.jpg


【OVATION Collectors' series 1984-5 (1984)】
これも以前に記事にしています。
OVATIONの1984年のコレクターズシリーズ。
総製造本数2637本のうちの1本。
所有ギターの中で最も長い付き合いの相棒。
今でも現役です。
e0163565_18251953.jpg


【OVATION ADAMAS SMT 1597CH-MG "Char Signature" (2000)】
もう1本のOVATION、しかもADAMAS^^
150本限定のあのお方のシグネイチャーモデル。
今ライブでアコ弾く時はほとんどコイツですね。
生音も結構鳴ります。
お気に入りの1本。
e0163565_18291692.jpg


【GRECO Super Power (1980's)】
これは借り物(半永久)ですw
バンドのアコギ担当でもある会社の先輩の持ち物。
もう長い間弾かれる事がなかったため、メンテが必要な状態のものを預かりました。
ネックやブリッジを調整したけどまだ弦高はとんでもなく高いし、ピッチも安定しない。
いつか本格的にメンテに出してやろうと思っているけど、なかなかねぇ...^^;
コイツ、年式とモデルが分からないんですが、多分1980年台初期だと思う。
e0163565_18342097.jpg



おまけ
【CANNONBALL A5B Ice B "Raven" (2005)】
いや、習ってたんです、サックス。
ヤマハ大人の音楽教室^^;
思うところあって、人からちゃんと楽器を習ってみたくなって...。
ギターはずっと自己流だったので、どうせ習うなら違う楽器をやってみたくて...。
2年ほど通いましたが、結局自分には合わなかった。
人と違う楽器が欲しくて、この黒いサックスを手にしたんですが...。
結構いい値段したし、良い楽器なんですが、持ってても仕方がないので、これも売却予定。
誰かかわいがってくれる人いませんかね?
e0163565_18391528.jpg



次はアンプ/エフェクター特集でもやりましょうかねw
 
 
[PR]
by ysk524 | 2012-02-19 18:41 | 楽器
Char Signature Stratocaster “Charizma”
先日ついに発表された。
Fendarカスタムショップによる、Char師匠シグネイチャーモデルのストラトキャスター、その名も"Charizma(カリズマ)"

オフィシャルページ

e0163565_0224518.jpg
e0163565_0225954.jpg

細かい仕様はオフィシャルのページに委ねるが、師匠愛用のバーガンディ・ミストの'59年モデルと、ダフネブルーの'61年モデルの「美味しいとこ取り」になるようだ。
ボディカラーはこのモデルのために採用された"銀煤竹"。
ポジションマークやネックプレートにも師匠のこだわりが見える。

気になる価格も予想に反して意外にリーズナブルに抑えられている。
まあ、マスタービルトではなくチームビルトらしいので妥当といえば妥当な価格設定かな。

今年の2月にエンドースメント契約が発表され、シグネイチャーモデル発売の話も出ていたので、その時から絶対欲しいと思っていた。
仕様は申し分ないし、価格もちょっと頑張れば手に届く範囲だ。
何よりも師匠のシグネイチャーモデルだ。
欲しくないわけがない。

でも、買わない事に決めた。

だってこれ買ってもきっと弾かないもん。
恐れ多くて弾けない^^;
シグネイチャーという点では、OvationのADAMAS 1597CHも持ってる。
シグネイチャーではないけどカスタムショップ製の'60 N.O.Sもダフネブルーだ。
でも"Charizuma”は次元が違うというか、僕には猫に小判、豚に真珠。
僕が弾いたところで同じ音が出るはずがない。
ライブで使うのなんて以ての外だ。。
200本限定のコレクターズアイテムとしては欲しいけど、弾かないギターに50万はさすがに出せない。
だから買わないと決めた。

うん、決めたんだ、買わないと。
欲しいけど買わない、もう決めた。
200本限定だろうが、買わない。

.....
...
.

初回入荷は2011年12月かぁ、ボーナス支給月だなぁ...^^;
[PR]
by ysk524 | 2011-08-15 19:35 | 楽器
ギター・マガジン30周年記念ブック
仕事帰りに本屋でこんなものを発見したので思わず買ってしまったw
e0163565_2029228.jpg

ギター・マガジン誌が30周年らしい。

創刊当時、僕はフォーク少年で、アリスに(初期の)長淵剛、チャゲ&飛鳥の弾き語りコピーをやってたっけ。
当時一緒にアコギを鳴らしていた親友が、ある日突然ヤマハSG(Gibsonではない)を買って、それを弾かせてもらったのがエレキに触った最初だったと思う。
その彼の家に創刊間もないギター・マガジンがあったように記憶している。
掲載されていたスコアで一番最初に必死になってコピったのが、知る人ぞ知るNight Rangerの"Don't Tell Me You Love Me"だったなぁ...
結局ソロの部分はコピれなかったけどw

その後、僕もエレキを持つようになってギター・マガジンを読むようになったけど、毎号欠かさず買うわけじゃなく気になる記事やスコアが載っている号だけ手に取るという買い方だった。
もっとも、それは今もだけど。

30年という時間は長いようで短かったなと、この30周年記念ブックを読みながら今夜はしみじみ過ごすとしよう^^
 
 
[PR]
by ysk524 | 2011-05-09 20:56 | 楽器
SG Special was reborn.
e0163565_1654202.jpg

久々に楽器ネタ。
以前紹介した、Gibson SG Special 1974です。

格安で購入したこのギター、いろいろ手を入れたいところがあったので、プロのリペアマンの方にお願いしてメンテナンスして頂きました。

主なポイントは、こんなところかな。
1) ネック調整&フレット交換
2) ペグ交換
3) POT交換
4) ラージタイプピックガードのワンオフ製作
5) Vol./Toneノブ交換

作業の詳細はリペアマンの方のブログでご紹介頂いています。
その1
その2
その3
この記事をご覧頂くとわかりますが、このギター、かなりの問題児だったようです...w

で、数々の苦難を乗り越えた結果、はい、見事に生まれ変わりました。
e0163565_16544234.jpg

e0163565_1655271.jpg

すばらしいです。

やや波打ち気味だったネックをフラットに調整して頂き、またフレットを全部打ち直して頂いたおかげで、すばらしく弾きやすいギターになりました。

ルックスもできる限り「あの方」所有の物と似せてもらって大満足です^^;
e0163565_1659031.jpg


リペアマンの方も驚くほど生鳴りするこの個体、生まれ変わった新しい姿でどんなサウンドを奏でてくれるんでしょうか。

今年はこいつがメイン確定(^^)
ガンガン弾き込みまっせー!
[PR]
by ysk524 | 2011-04-24 17:13 | 楽器
Gibson SG Special 1974
この週末に大阪オートメッセへ行ってきましたが、写真の整理がまだ出来ていないので、次回まで持ち越しです。


てなわけで引き続き音楽ネタ。
新しいギターをゲットしたのでそのご報告。
"新しいギター"と言っても古いんですが...^^;
e0163565_21225712.jpg

前から手に入れたかったギター、Gibson SG Special。
e0163565_21234726.jpg

1970代前期に製造された、ミニハムバッカー搭載のSG Specialです。
e0163565_21294297.jpg

この個体はシリアルNo.やポットデイトから推測すると1974年製の1本。
今から37年前の、言わばヴィンテージギターですね。
市場に出回っている数は少ないですが、ミニハム搭載のSG Specialは元々あまり人気のあるモデルではないので、とてもリーズナブルな価格で入手できました。

入手時の状態は比較的きれいでした。
ヴィンテージではありますが、コレクションというよりもむしろライブなんかでもガンガン弾けるプレイヤーズコンディションとしてとても良い状態です。
ネックはほぼ真っ直ぐで、フレットの減りもまだまだ充分使えるレベル。
金属パーツは経年のくすみや錆び、メッキ剥がれ等はありますが実用の範囲です。
塗装も数ヶ所打痕等があるものの、褪色もなくオリジナルのウォールナットのカラーを残しています。
前のオーナーから聞いた話では、一度ネック折れ(SGは結構ネック折れしやすい)したとの事ですが、プロの手によるリペアが施されていてきれいに治っています。

ひとまず簡単に各パーツの清掃と、電装系の接点クリーニング、弦交換を行いました。
オクターブチューニングは殆ど調整の必要がないほど優秀でした。
早速アンプ(Matchless Lightning15 Reverb)をクランチセッティングにして音出し。
(ペダルは、KLON CENTAUAR → BOSS CE-1 → MXR M-169 → Root20 AfterBurner01 という、なんだか多段ブースターのようなセッティングw)
いやぁ、実に良い音がします。
シングルコイルともフルサイズのハムバッカーとも異なる、耳に心地の良い"枯れた"サウンド。
ケンタのゲインをやや上げ気味にしてONすると、リードも難なくこなしてくれます。
古いギターということで比較的良い木材を使っているのでしょう、生鳴りでもボディもネックも良く鳴ります。
ネックを握る手にもかなり大きな振動が伝わるくらい鳴ってくれる。
何時間弾いていても飽きないですね。



さて、このモデルが欲しかった理由は単純。
そう、"あの方"が持っていらっしゃる。

"あの方"とは...

e0163565_21333374.jpg

言わずもがな、我が心の師、Char師匠です。
師匠所有のSG Specialも同じ時期の70年代製、ミニハム搭載のモデルです。
但し、ピックガードの形状が異なります。
師匠の個体はラージピックガード仕様で、僕のモデルはスモールピックガード仕様。
e0163565_21363911.jpg

(資料元:実業之日本社「ROCK DAD」2007 Vol.1 特集「Charという生き方。」)

実はこれが大きな謎なんです。
SGは年代でピックガードの仕様が異なりますが、この時期は基本的にスモールピックガードなんです。
一部モデルではラージピックガードのものもありますが、ミニハム&ラージピックガードのSpecialの存在は確認できないんですよね~。
師匠の個体は、極めてレアなモデルなのか、ピックガードを変更したのか、フルサイズのハムかP-90搭載のラージピックガードモデルを改造したのか...
まあ、60~70年代のGibsonの事なので、いろいろ仕様の違う個体があるとは思いますが。

というわけで、師匠のモデルに憧れる僕としては、できるだけ近づけたい^^
ヴィンテージに対するこだわりは全く無いので、近いうちに改造を施す予定です。
改造ポイントは3つ。
まずはペグが前オーナーの手によってグローバーに交換されています。
こいつを師匠と同じ、オリジナルのクルーソンタイプ(2コブ/ダブルライン)に変更しないといけない。
e0163565_2231560.jpg

二つ目はVol./Toneのノブをスピードノブに変更。
そして最後にピックガード交換です。
前の二つは自分でもできますが、ピックガードは新しく作る必要がある為、全体のオーバーホールと調整も含めリペアショップに出す予定です。
さて、いつになるやら...^^;

実はここまでやっても、まだ違う点があるんですけどね...
リアのピックアップとブリッジの位置関係が微妙に違う。
師匠のは間隔が狭いんですよね。
これを実現するためにはピックアップの位置変更が必要ですが、ボディのザグリを広げないといけないので、さすがにこれは躊躇しますね...


とにかく、良いギターを手に入れる事ができました。
サウンドは申し分ないし、軽いし、大活躍しそうな予感。
FUJIGEN EXPERT OSと並んでメインギターになるかも^^
(と言ってもライブもそんなに演ってるわけでもないし、そもそも腕がついていってない、というツッコミは無しで...^^;) 

 
[PR]
by ysk524 | 2011-02-13 22:41 | 楽器
Rockに浸る
相変わらずwhimsicalな更新です^^;
なんでこんなにバタバタなのか自分でもよく分かりませんが、落ち着いて写真を撮る機会も持てない今日この頃です。
かと言って時間が全くないわけではないのですが、最近はカメラよりもギターを触っている時間のほうが圧倒的に多いですね。
昨年の秋以来休眠状態のバンド活動をそろそろ再開しようとしていて、練習もしておかないといけないので。

というわけで、音楽の話題。
最近よく聴いているのは、こんな感じです。

まずは、Char師匠の"TRADROCK"シリーズ。
前回の紹介からすでに9ヶ月経ってしまいましたが、その間に残りの3作品も発売され、一応シリーズは全リリース完了。
e0163565_2236730.jpg

「The V」はベンチャーズのカバーです。
あの"テケテケ"ですが、師匠の手にかかればRockなテイストが色濃くなってカッコいい。

「Jimmy」はジミー・ペイジ、というかレッド・ツェッペリンのカバー。
CDのほうは全編アコースティック・アレンジで、ZEPの初期の名曲が新たな命を吹き込まれた印象です。
DVDはバンドアレンジもあって、昨年夏フェスで聴いた"Your Time Is Gonna Come"のレゲエバージョンもしっかり収録されています。
この「Jimmy」、CDもDVDも師匠のご子息Jesseとの共演ですが、こういう親子関係っていいなぁ...

最後は「Jimi」。
その名のとおり、ジミヘンのカバーですが、いやぁ、これは素晴らしい。
ジミヘンのカバーってオリジナルの色が濃すぎて、誰がやっても正直難しいと思うんですよ。
それを師匠は見事にやってくれました。
まさに"by Char"。
特にDVDがもう感動モノでした。
生き生きと弾いていて、もうカッコよすぎ。
こういう年齢の重ね方をしたいなぁ...w
前回紹介した3作と合わせて、「Jimi」は僕の中でのBestです。


続いてその他に最近ヘビーローテになっているアルバムを。
e0163565_23217.jpg

はい、70年代~80年代のジャパニーズロックです。
カルメン・マキ&OZ、クリエイション、ショーグン、スペクトラムなど。
ショーグンとスペクトラムはど真ん中のRockという感じではないですが、リアルタイムで聴いた記憶があったので、懐かしい想いで聴いています。
スペクトラムは今聴いても古さを全く感じさせないですねー。
当時は奇抜な衣装と楽器を回すパフォーマンスでやや色モノ扱いでしたが、こういうバンドが30年も前に日本にあったというのは凄い事です。

カルメン・マキ&OZとクリエイションはリアルタイムで聴いた記憶がなく、ようやく聴く機会を得ました。
耳馴染みは良いけど印象に残らない今のJ-Rock/POPなんかと違って、ストレートでブレのない、心に響く正真正銘の"Rock"。
特にカルメン・マキ&OZは衝撃的です。
聴いているのはベスト盤ですが、これに入っている「私は風」のLiveバージョンがもう圧巻すぎて言葉になりません。
これを子供の時に聴いていたら人生変わってたかもw



というわけけで、Char師匠の"TRADROCK"シリーズは最近のリリースですが元の楽曲は70年代前後だし、最近聴いている曲はなんだか時代に逆行しているようですねw
でも、やはりRockの礎を築いた名バンド、名曲の数々、イイものはイイ!
邦楽もまだフラワー・トラヴェリン・バンドや四人囃子、はっぴいえんどや初期のサディスティク・ミカ・バンドなどもまともに触れていないので、これから聴いていきたいと思っています。
もしおススメがあったら教えて下さい。

Rockに浸る日々はまだまだ続きそうです。
 
[PR]
by ysk524 | 2011-02-05 23:30 | 音楽
Amplitube for iPhone & iRig
巷のギターキッズの間で話題になっている、"Amplitube for iPhone"と"iRig"をゲットしました。
e0163565_049298.jpg

"Amplitube for iPhone"というのは、IK Multimedia社がリリースしているiPhoneアプリで、iPhoneをデジタルエフェクターとアンプシミュレータにするソフトウェア。
そして"iRig"というのが、iPhoneとギターを接続するためのデバイスです。


1週間ほど使用してみたので、簡単なレビューを。

"Amplitube for iPhone"ですが、PC用のソフトとして定評のある"Amplitube"のiPhone版ということで、どれくらい使えるかと思いましたが、いやいや、なかなかいい音です。
やや「サーッ」というヒスノイズが目立つのとレベルがちょっと小さいけれど、デジタルエフェクター&アンシュミとしては充分聴くに耐えうるクオリティです。

ラインナップは全部で3種類。
無料版の「FREE」と、中間の「LE」、そしてフル機能が使える「Full版」があります。
「FREE」「LE」とも別途有償でエフェクターとアンプを追加購入できますが、どうせならということで「Full」版を購入しました。

エフェクターは全部で11種類。
歪み系、空間系とも必要充分なものが揃っています。
e0163565_1208.jpg


アンプヘッドが5種類とキャビネット(スピーカー)が5種類、マイクが2種類。
どれも、それっぽい音が鳴ってくれます。
e0163565_125789.jpg


しかも、チューナーやメトロノーム、音楽データを取り込んでバックで流す機能もついていて、至れり尽くせりです。
e0163565_141378.jpg


"iRig"はiPhoneに接続するためのデバイスなのでレビューも何もないですが(笑)、これがないと"Amplitube for iPhone"で音を出すことができないので必須です。
iPhoneのヘッドフォンジャックに接続するためのプラグと、ギターのシールドを接続するフォンコネクタ、ヘッドフォン用のピンコネクタを装備しています。
これが品薄でなかなか手に入らないんですよねー。
予約してしばらく待たされましたが、ようやく届きました。


僕は、アンプもエフェクターもちゃんとしたものを持っていますが、家で練習する時にいちいち接続するのが面倒くさいのと、住宅事情でそれほど音が出せないので、今までは音を出さずにギターだけで練習していました。
でもこれからはこれで存分に練習できそう。
まあライブでは使えないけど、自宅練習には最適なツールだと思います。
これで総額7千円ちょっとは安い!
しかし、こんなことが出来るようになるとは、すごい時代になりましたねー。


さて今からこれを使って、19日のライブに向けて練習するとしよう!
[PR]
by ysk524 | 2010-09-12 01:11 | 楽器