「ほっ」と。キャンペーン
タグ:RICOH GR DIGITAL II ( 55 ) タグの人気記事
SONY α NEX-5
新しい相棒と、神戸に出かけてきました。

相棒とはコイツ。
e0163565_22365319.jpg

SONY α NEX-5。
毎日持ち歩ける手軽なカメラが欲しくていろいろ探しましたが、これに落ち着きました。

今回重視したのは、
・コンパクトであること
・高画質であること
・高感度に強いこと

上の2点に関しては、すでにGR DIGITAL IIを所有しているのでそれで十分なのですが、如何せん高感度に弱いのが難点。
毎日持ち歩いてスナップを撮ろうとすると、どうしても会社からの帰り道、夜間になるのでGRDには厳しい条件になってしまいます。

というわけで、コンパクトも含めいろいろ物色していましたが、ネット上での評価やすでに所有されている方の感想等を参考にこの機種にしました。
防湿庫で眠っていた50DやAPS-Cレンズ、PowerShot G7などをドナドナしたので、追金無しで購入できました。

というわけで、早速試写に行ってきたというわけです。

では実写レポートを。
[PR]
by ysk524 | 2010-10-24 00:12 | カメラ・機材
Amplitube for iPhone & iRig
巷のギターキッズの間で話題になっている、"Amplitube for iPhone"と"iRig"をゲットしました。
e0163565_049298.jpg

"Amplitube for iPhone"というのは、IK Multimedia社がリリースしているiPhoneアプリで、iPhoneをデジタルエフェクターとアンプシミュレータにするソフトウェア。
そして"iRig"というのが、iPhoneとギターを接続するためのデバイスです。


1週間ほど使用してみたので、簡単なレビューを。

"Amplitube for iPhone"ですが、PC用のソフトとして定評のある"Amplitube"のiPhone版ということで、どれくらい使えるかと思いましたが、いやいや、なかなかいい音です。
やや「サーッ」というヒスノイズが目立つのとレベルがちょっと小さいけれど、デジタルエフェクター&アンシュミとしては充分聴くに耐えうるクオリティです。

ラインナップは全部で3種類。
無料版の「FREE」と、中間の「LE」、そしてフル機能が使える「Full版」があります。
「FREE」「LE」とも別途有償でエフェクターとアンプを追加購入できますが、どうせならということで「Full」版を購入しました。

エフェクターは全部で11種類。
歪み系、空間系とも必要充分なものが揃っています。
e0163565_1208.jpg


アンプヘッドが5種類とキャビネット(スピーカー)が5種類、マイクが2種類。
どれも、それっぽい音が鳴ってくれます。
e0163565_125789.jpg


しかも、チューナーやメトロノーム、音楽データを取り込んでバックで流す機能もついていて、至れり尽くせりです。
e0163565_141378.jpg


"iRig"はiPhoneに接続するためのデバイスなのでレビューも何もないですが(笑)、これがないと"Amplitube for iPhone"で音を出すことができないので必須です。
iPhoneのヘッドフォンジャックに接続するためのプラグと、ギターのシールドを接続するフォンコネクタ、ヘッドフォン用のピンコネクタを装備しています。
これが品薄でなかなか手に入らないんですよねー。
予約してしばらく待たされましたが、ようやく届きました。


僕は、アンプもエフェクターもちゃんとしたものを持っていますが、家で練習する時にいちいち接続するのが面倒くさいのと、住宅事情でそれほど音が出せないので、今までは音を出さずにギターだけで練習していました。
でもこれからはこれで存分に練習できそう。
まあライブでは使えないけど、自宅練習には最適なツールだと思います。
これで総額7千円ちょっとは安い!
しかし、こんなことが出来るようになるとは、すごい時代になりましたねー。


さて今からこれを使って、19日のライブに向けて練習するとしよう!
[PR]
by ysk524 | 2010-09-12 01:11 | 楽器
小林勝彦写真展に行ってきました。
このところ仕事が立て込んでいて休日も出勤する状態が続いていましたが、それも一段落。
久々の休日だった今日は、梅田の茶屋町画廊で開催されている「小林勝彦写真展」へ。
e0163565_23261830.jpg

e0163565_095673.jpg


氏が10年間に渡って追い続けたKONDO Racing Teamの記録の数々、珠玉の名作を堪能させて頂きました。
今日は土曜日、そして写真展の最終日とあって、多くの方が来場されていて賑わっていました。
e0163565_23263722.jpg


氏のことは以前から存じあげていましたが、今日ようやくちゃんとしたご挨拶もできました。
e0163565_23364529.jpg


今回の写真展は、氏の写真集の発売を記念して開催されたものですが、写真集はまだ手にできていません。
正直、喉から手が出るほど欲しいのですが、何かと出費がかさんでいるので...


いずれにしても、今日はとてもいい刺激を受けました。
次のサーキットでの撮影は8月下旬のPokkaまで予定していませんが、それまでイメージトレーニングに励むことにします。

今日ご一緒した、なんちゃってブルーズマンさん、SGT-40Dさん、マスター紅さん、そしてゼクさん、楽しい時間をありがとうございました。
次は僕らが撮る番ですね。
Pokkaでお会いしましょう!!


P.S.
同じ茶屋町のTOWER RECORDSで行われた、山下久美子さんのアコースティックミニライブも鳥肌モンでした!!
[PR]
by ysk524 | 2010-07-10 23:32 | 雑記
近況報告
ご無沙汰しています(^^;ゞ
1ヶ月更新をサボってました。

最近、何かとバタバタしています。
写真を撮る時間がなかなか作れず...
今日は鈴鹿に300km耐久を撮りにいくはずだったんですが、雨のためキャンセルに。
モタスポは8月のPokkaまでお預けかなぁ。

なんでこんなにバタバタしているのか自分でもよく分かってないですが、とりあえず近況をば。

まずは、バンド活動。
前にもバンドについては書いていますが、来月下旬に会社のイベントでミニライブを演ることになっているので、その練習に入ってます。
今は週イチでスタジオ入りして毎回4時間みっちり練習という状況。
家でも時間があればギターをいじっているので、ブログ更新もままならず...(言い訳)
9月には心斎橋の某ライブハウスに出ることも決まっているので、当分この状況は変わりそうにありません。
e0163565_19255043.jpg


ふたつめは、会社関係のフォトサークル活動です。
サークルでは不定期に勉強会をしているのですが、今月開催分の講師を僕が務めることになってしまい、その内容を考えなくちゃいけない...
説明用に何点かサンプル写真をピックアップしたり、プレゼン用の資料を作ったり。
せっかく依頼を受けたので頑張ろうと意気込んだのはいいものの、結構骨が折れます(汗)
e0163565_19345369.jpg


あとはどうでもいいですが、最近Twitterも齧り始めていて、ブログよりもそっちに費やす時間が増えているという...
随分前にIDは取得していたのですが、そろそろ始めなきゃというのもあって、今は流儀や作法を勉強中。
まだROM専ですが(笑)、そのうちつぶやき始めます。
IDはそのうち公開するかも。
e0163565_19391285.jpg


てなわけで、いろいろやってます。

でもやっぱり写真撮らないとなぁ。
[PR]
by ysk524 | 2010-06-13 19:43 | 雑記
TRADROCK by Char
ひさびさの音楽ネタ。

最近のヘビーローテーション。
わがギターヒーロー、Char師匠の新プロジェクト"TRADROCK"シリーズ。
e0163565_22174696.jpg


師匠が影響を受けた往年のギタリスト/バンドをカバーするこのシリーズ、DVD+CDという形で、2月からほぼ月イチで新作がリリースされています。

第1弾は「Eric」。
あの"3大ギタリスト"のお一人、E.C.さんのカバーです。
原曲もシブいですが、師匠の魔法にかかるとアレンジにさらにシブさが増し、まさに"大人のロック"という感じ。
Gt.+Vo./師匠、Dr./古田たかし氏、Ba./沢田浩史氏という3ピース構成の息ピッタリの凄い演奏です。

第2弾は「Jeff」。
これも"3大ギタリスト"の、J.B.さんのカバーです。
このアルバムに関しては、原曲に近いアレンジです。
驚くのが、メンバー構成が、な・なんと伝説のバンド「スモーキー・メディスン」の面々(Dr.は、故 藤井章司氏に代わって、あのジム・コウプリー氏が叩いています)で、vo.も数曲を金子マリ姉さんが歌っています。

そして、今日届いた第3弾が「The B」。
"The B"とは、誰もが知っているリバプール出身のあの4人組です。
「ここまでやっちゃいますか~?」というアレンジ。
これはもう、完全に師匠の曲です。
"The B"のコアなファンの方が聴くとどういう反応か気になりますが、個人的にはこのアレンジはドンズバです。
このアルバムは「Eric」と同じメンバーでの演奏です。

この3枚に加えて、今後、「Jimmy」「Jimi」「The V」の3タイトルが予定されています。
それぞれ誰のカバーだか想像してみて下さい(笑)


さてさて、このシリーズ、単に音を楽しむだけではありません。
なんといってもDVDが凄い!!

まず、バンド演奏の映像が凄い。
これぞプロの業というのを見せつけられます。

そして、次に凄いのが特典として収録されている「ひたすらChar師匠の手元のみの映像」です。
(「Eric」と「Jeff」のみ、「The B」にはなし)
おまけに、通常のスピードとは別に、スロー再生バージョンまで収録されています。
これはギター弾きにはたまらない!!

さらに凄いのが、購入者限定の特典としてWebサイトで師匠自らがテクニカルな質問に答えるアフターサポートまで用意されていることです。
ここまでやる師匠のサービス精神に涙が出ます(笑)


というわけで、このシリーズは一聴&一見の価値ありです!!
特にギター弾きの方は、絶対買っておいて損はありません。
一家に1セット、家宝として持っておくべきです。
これはもう、間違いなく人類の歴史的遺産になります!

ただし、興味を持ったからといって、明日CDショップに行ってもダメですよ~。
これは店頭でもAmazonでも買えません。
もちろん、レンタル屋にも置いてません。
師匠が立ち上げた新レーベル"Zicca"のWebサイトでのオンライン通販限定です。
DVD+CDという構成にもかかわらず送料込みで単価¥2,500と、普通では考えられないサービスプライスになっています。
明日からのGWで散財をする前に、Zicca(PC限定)へ急げ!!
[PR]
by ysk524 | 2010-04-28 23:22 | 音楽
愛を感じて
高校時代の部活の先輩達と久しぶりに再会。
先輩のお一人が東京へ引っ越されることになったため、昨日は壮行会が開かれました。
かれこれ25年以上の付き合いです。
これだけの年月が経ってしまうと、今でもお互いに連絡が取れるメンバーは限られてしまいますが、それでもこうしてたまに集まれるというのは本当に素晴らしいです。

僕はその中で最年少(といってもそれほど年齢が離れているわけではありませんが)で、高校時代から弟のように可愛がって頂きましたが、それが今でも変わらないというのは嬉しいことです。
気恥ずかしい表現ですが、そこには年齢や性別を越えた”愛”を感じます。

先輩方、本当にありがとうございます。
皆さんとの出会いがなければ、そして共に過ごしたあの日々がなければ、今の僕はありませんでした。
これからも一生の友として末永くお付き合い頂けると幸いです。

昨日は大いに盛り上がり、時間を忘れて楽しみました。
家に帰り着いたのは午前4時を回っていました(笑)
しまった、F1開幕戦の予選見逃した...^^;

P.S. 先輩、探したらピックは4種類見つかりましたよ!
    それと、Hさん、あの名曲のタイトルを勝手に使わせて頂きましたm(_ _)m
e0163565_1163734.jpg

[PR]
by ysk524 | 2010-03-14 11:11 | 雑記
ちょっといいかも"HONDA CR-Z"
今日は愛車の車検予約のためにディーラーへ。
昔からHONDA党のysk524ですが、このディーラーさんとはもう20年のお付き合い。
しかも、営業担当者もずっと同じ方で、この方から3台買っています。

車検の見積もりをしてもらっている間、噂のハイブリッドスポーツ"HONDA CR-Z"をじっくり見させてもらいました。
e0163565_20571686.jpg

残念ながら、今日はまだナンバーが取れていないとの事で試乗はできず、外観を眺めたり、ドライバーズシートに座ってポジションを確認してみたり。
クルマは走ってナンボですから、試乗をしてみないと評価はできないと思いますが、いやぁ、なかなかカッコいいじゃないですか!!
写真では何度も見ていましたが、間近で見ると、ysk524好みのスタイリング。
e0163565_20593491.jpg

車高が想像以上に低く、ワイドトレッドで安定感のある感じ。
ワイドトレッドのため、このサイズで、しかも1.5Lのエンジン(+モーター)なのに、3ナンバーだそうです。
この写真のカラー「ブリリアントオレンジ・メタリック」がかなりいいですね。
最近のHONDA車の中では久しぶりにワクワクするクルマです。
ミッションもCVT-ATの他に、なんと6MTが設定されているとの事で、かつてはヒールアンドトゥを会得していた(本当です^^;)ysk524も「乗ってみたいなぁ」と思ってしまいました。
来月の車検時には試乗車も用意されているらしいので、ぜひドライビングしてみようと思います。
e0163565_2058436.jpg

「アソビのクルマ」として欲しいなぁ~。
でもオプションやら何やらで¥300万コースらしいので、ちょっと買えないなぁ...。
[PR]
by ysk524 | 2010-02-27 21:05 | 自動車
今夜もハイボール
毎日の晩酌が欠かせないysk524です。
ビール、焼酎、日本酒などなど、気分によっていろいろ飲みますが、この1年位ほぼ毎晩飲んでいるのが"ハイボール"です。
言わずもがなですが、ハイボールとはウイスキーをソーダで割ったもので、最近はかなり流行っているみたいです。
元々20代の頃からウイスキーは好んで飲んでいて、かつてはロックや水割りが多かったのですが、飲み口の軽さと手軽さで最近はハイボール党になっています。
ハイボールと言えばサントリーの「角ハイボール」が代名詞ですが、最近、追随するメーカーも出てきました。
e0163565_175866.jpg

というわけで早速飲み比べ。

まずは写真左の元祖ハイボール、サントリー「角ハイボール」です。
その名の通り、サントリー角瓶がベースになっています。
以前は角瓶とソーダを別々に買って自分で作っていましたが、最近は手軽さもあって、もっぱらこの缶タイプを買うことが多くなっています。
角瓶は製造方法がスコッチに由来するらしく、なるほど、スコッチっぽい味わいです。
風味付けのためにブレンドされたレモンスピリッツのほのかな香りがアクセントになっていて爽やかな飲み口です。
これぞハイボールという慣れ親しんだ味ですね。

対して写真右は、キリンの「世界のハイボール」です。
こちらは"アメリカ ケンタッキー州"と銘打っているので、バーボンのようです。
ysk524は、スコッチよりバーボン派なので、こちらのほうが口に合うかなと思っていましたが、かなり想像とは違う味。
缶の説明をよくよく読むと「ウォッカとソーダでつくったクリアハイボールに、樽熟成したウイスキーを加えて仕上げました」とあるので、どうやらベースはウォッカのようです。
そう言われればそんな気もしなくもないのですが、それよりもジンジャーの風味がするような気が...
もしかしたらフレーバードウォッカがベースなのかも知れません。
ちょっと自分の中にあるハイボールのイメージとは違いますが、どことなくカナディアンクラブをジンジャーエールで割った"C.C.ジンジャー"に似ているような気がしていて、これはこれで美味しいかも。

どちらも飲みやすく、美味しいので、気分によって飲み分けられそうな2本です。
[PR]
by ysk524 | 2010-02-13 01:10 | 雑記
フェルミ推定
『フェルミ推定』という言葉をご存知でしょうか。
「今さら...」という方もいらっしゃるでしょうし、「何それ?」という方もいらっしゃるかも知れません。
2~3年くらい前から、『地頭力(じあたまりょく)』という言葉がビジネス関連書籍などでよく出てくるようになりましたが、その『地頭力』の文脈で必ず出てくるのが『フェルミ推定』です。

『フェルミ推定』とは、実際に調査して把握するのが難しい問題をいくつかの手掛かりを元に論理的に推論し短時間で概算すること、とされています。
たとえば
Q.シカゴにはピアノの調律師が何人いるか?
Q.日本全国に犬は何匹くらいいるか?
のような問題を推定することです。

一見「答えようがない」と思いがちですが、こうした問題で重要なのは、(正確な)答えそのものではなく、あくまでも解答を導き出す論理的思考のプロセスです。
そのため、外資系企業やコンサルティング会社の入社試験でよく取り上げられているそうです。
グーグルやマイクロソフトの入社試験でも採用されている(らしい)というのは有名な話ですね。

僕も前から知っていましたが、最近また気になりだしたので、早速(というか今頃...)アマゾンで2冊ほど書籍を購入してみました。
e0163565_18202273.jpg

僕自身、ロジカルシンキングは不得意なほうではないのですが、最近はネットの普及で、何か分からないことがあってもすぐにググってみたり、検索結果からコピペしてみたりしがちです。
時間が無い時などはとても便利ですが、それが当たり前になってくると"考える"ということを疎かにしがちになりつつあるので、「これじゃぁいかんなぁ」というわけで、ちょっと頭を鍛えてみようかと思った次第です。

先の問題の解答(とプロセス)についてはここでは触れませんが、ご興味のある方はぜひ調べてみて下さい(笑)
[PR]
by ysk524 | 2010-01-30 18:32 | 雑記
写真談義に花を咲かせる
今日は、ysk524が所属している、とあるフォトサークルのちょっと遅めの新年会でした。
サークル仲間が集い、写真談義に花を咲かせました。
(下の写真はへべれけ状態で撮ったので細かいことは無視して下さい(笑))
e0163565_23554774.jpg

同じ趣味を持つ多くの仲間たち、ysk524にとってはとても大切な存在です。
撮るジャンルはそれぞれ違えど、各々が写真を楽しむことでお互いに刺激し合いスキルアップをしていくことは他の何物にも替えがたい喜びですね。
これからも写真を通じてもっともっと仲間を増やしていければと思います。
[PR]
by ysk524 | 2010-01-29 23:29 | 雑記